古物商許可申請手続き

古物商許可ならお任せください。

古物の売買や交換を営業として行うためには古物商の許可が必要です。
端的に言うと、「中古品の売買をするには古物商の許可が必要」ということです。

古物商の許可が必要な商売は主に以下のようなものです。
1、中古自動車を販売している車屋さん
2、リサイクルショップ
3、古本屋・古着屋・古美術商

ただし、自宅用に購入したものをフリーマーケットやオークションに出店する場合、許可は必要ありません。
(利益を出す目的で出店する場合は許可が必要)

このホームページでは、「古物商の許可が必要な場合、そうでない場合」、「申請に必要な書類や交付までの期間」、「古物商の許可を取得できない場合」、「申請から許可証交付までの手続き流れ」などをご確認いただけます。

1、面倒な警察署での打合せや必要書類の収集もお任せください。

古物商許可申請は警察署(公安委員会)に行います。手間のかかる警察署での事前の打合せや普段あまり馴染みのない身分証明書の取得など、トータルでサポートいたします。
ご依頼者には、事業の準備に専念していただけます。

2、即日対応。安心の事前お見積り。

ご相談者の事業内容、営業開始までのスケジュールをお聞きし、書類作成の専門家が迅速、正確に書類作成・申請を行います。
また、お問合せ時に代行料金と実費(収入証紙代など)を合わせた料金を事前にご案内いたします。

3、相談無料、書類作成は全国対応です。

当事務所では、古物商許可申請のご相談を受付けています。ご相談は無料です。

愛媛県内で営業所を設けて古物営業を始める方、まずはお気軽にご相談ください。
また、申請書類の作成業務は愛媛県内はもちろん、全国対応しております。愛媛県外の方、「申請書類を作成してほしい」などご相談をお待ちしております。

古物営業許可申請のご依頼から取得までの流れ

手順 誰が 手続きの詳細
ステップ1 お客様 お問合せ
まずはお電話、またはメールフォームにてお問合せください。ご相談、お問合せは無料です。
ステップ2 お客様、当事務所 古物の種類・事業内容のヒアリング、費用・期間のご案内
ご相談者の方から取り扱う古物の種類、事業形態などをお聞きいたします。その上で料金や許可証交付までの期間、必要書類などご案内いたします。
内容にご了解いただける場合は、ご依頼をいただき手続きを進めさせていただきます。
ステップ3 お客様 必要書類の準備
住民票、登記事項証明書や身分証明書などの必要書類を取得していただきます。また、その他に必要な書類がある場合は書類の取得をお願いしております。
どういった書類が必要なのかは、ご相談時にお知らせいたします。
ご準備していただいた書類は当事務所へ持参または送っていただきます。
ステップ4 当事務所 書類作成
申請書や各種添付書類を作成いたします。
書類作成にかかる期間は事前にご案内いたします。お急ぎの場合はその旨お伝えください。
迅速に対応いたします。
ステップ5 お客様、当事務所 必要書類に押印
委任状、誓約書、申請書などに署名・押印をお願いします。
ご訪問または郵送で書類をお送りする形でお願いしております。
ステップ6 当事務所 警察署に申請
営業所を管轄する警察署で、古物商許可申請を行います。
ステップ7 お客様、当事務所 古物商許可証の交付
審査が行われ、問題がなければその後許可証が交付されます。。
許可証をご依頼者にお渡しし、業務完了となります。
相談無料!

ご相談・お問い合わせはこちら

このページの先頭へ