電子定款について

電子定款認証

電子定款とは、定款を電子文書として作成し、電子署名をしたデーターのことです。株式会社設立のためには定款を作成し、公証人役場で認証を受ける必要があります。

これまでの定款認証手続きは、紙ベースの定款を作成し、4万円の収入印紙を貼る必要がありました。
現在は、電子定款の作成ができるようになったので収入印紙4万円を貼らずに定款の認証ができるようになりました。

紙ベースで作成する場合と電子定款にする場合での費用比較

内容 紙ベースで作成
する場合
電子定款で作成
する場合
公証人手数料(定款認証時) 50,000円 50,000円
定款謄本代 約2,000円 約2,000円
印紙代 40,000円 0円
費用合計額 約92,000円 約52,000円
紙ベースとの差額 なし。 -40,000円

このように、電子定款認証を利用すると印紙代が不要なので費用が4万円安くなります。

この電子定款認証を利用するためには、電子証明書の取得、Adobe Acrobat (一例です。)、電子証明書とパソコンをつなぐ機器の購入などの準備が必要になります。

電子定款認証だけのご依頼も受付中です。

「電子証明書の取得やパソコンの設定、接続する機器の準備をするより専門家に任せたい」、「他の書類の作成や申請は自分でするから定款認証だけお願いしたい」などのご相談を受付けております。
電子定款認証のみのご依頼をご検討中の方、まずはお気軽にお問合せください。

「電子定款作成、認証手続きの料金」

内容 自分で紙ベースで作成
する場合
自分で電子定款認証
する場合
弊所に定款認証を依頼
する場合(電子定款対応)
公証人手数料(定款認証時) 50,000円 50,000円 50,000円
定款謄本代 約2,000円 約2,000円 約2,000円
印紙代 40,000円 0円 0円
電子定款を利用するための
ソフト、証明書取得費用
0円 約10,000円
〜20,000円
0円
報酬額 0円 0円 18,000円
費用合計額 約92,000円 約62,000円 約70,000円

電子定款作成、認証手続きの流れ

手順 誰が 手続きの詳細
ステップ1 お客様 お問合せ
まずはお電話、またはメールフォームにてお問合せください。ご相談、お問合せは無料です。
「電子定款認証だけ依頼したい」旨、お問合せ時にお伝えください。
ステップ2 お客様、当事務所 事業内容のヒアリング
事業内容や設立時期など会社設立にあたっての基本的な情報をお聞きいたします。
(特にお急ぎの場合や、設立日が決まっている場合はその旨お伝えください。)
電子定款認証手続きに必要な書類、料金、期間などの詳細をご説明します。
ステップ3 お客様 定款の作成
お客様で定款を作成していただきます。
商号の調査及び事業目的の適格性などの確認が必要です。
ステップ4 お客様 印鑑証明書の取得
発起人の方に印鑑証明書を取得していただきます。
認証日から数えて、発行後3カ月以内のものが必要です。
ステップ5 お客様、当事務所 必要書類に押印
定款認証のために発起人の方に実印の押印をお願いします。
プリントアウトした定款、電子定款認証のための委任状に実印の押印が必要です。
弊所にお越しいただき書類に押印していただくか、または郵送で書類をお送りするので、書類に押印後弊所に返送していただくか、どちらかでお願いしております。
ステップ6 当事務所 公証役場で定款認証
公証人と事前協議を行い、電子定款を作成します。
協議が整ったら公証役場で定款認証手続きを行います。
ステップ7 当事務所 電子定款認証完了
手続き完了後、CD−R・定款謄本2部をお渡しいたします。

注意事項

  • 電子定款認証弊所報酬額(18,000円)には定款作成の報酬額は含まれておりません。電子定款認証のみをご依頼される場合は、定款作成はお客様で行っていただく必要があります。
    「定款の作成もお願いしたい」といったご相談も承っております。定款作成のご依頼をご検討されている方は、その旨お問合せ時にお伝えください。別途お見積りをいたします。
  • 当事務所の報酬額(料金)には、日当・交通費が含まれています。
    お客様からの追加業務のご依頼・事前の了解なく他の費用が発生することはありません。
  • お支払について
    電子定款認証のご依頼に関しては、業務に着手するまでに報酬額・公証人手数料、謄本代などの実費(法定費用:ご自身で手続きをされても必要な費用)の全額をいただいております。
    定款認証時までにお支払をお願いいたします。

このページの関連ページはこちら

料金案内  事務所案内  よくあるご質問

相談無料!

ご相談・お問い合わせはこちら

このページの先頭へ